TOP >  住宅ローンの金利

住宅ローンの金利上昇の兆し

住宅ローンはこれからどうなっていくのでしょう。
現在の住宅ローンの金利は、景気回復と共に上昇の兆しを見せています。
住宅ローンを組む時に一番気になるのは、返済額に大きな影響を及ぼす金利です。公的融資は民間融資と比較して貸し出し基準が厳しいのですが、金利が低いため有利な条件となっています。

昨年(2006年)は、量的緩和が解除され、続いてゼロ金利政策も解除されました。
量的緩和政策とは、マネーサプライ(通貨供給量)を増やすために日本銀行が金融市場に大量に資金供給を行う異例の金融緩和政策です。バブル崩壊後、短期金利を0%に抑えるためのゼロ金利政策に追加されるかたちで、5年前に金融緩和を目的に導入されました。
2002年2月に始まった景気拡大期間がいざなぎ景気を超えたことで、緩和措置が解除されたわけですが、その実感はまったくありません。むしろ今後の金利上昇の危惧感のほうが大きいです。

しかしながら、過去の金利と比べれば、なお低い水準にあるのは確かだと思います。住宅ローンを借り換える際には、前のローンを精算して新たにローンを組むのと同じなので、抵当権設定登記などの諸費用がかかりますので、十分なチェックが必要です。

関連エントリー

住宅ローン借り換えアロー1住宅ローンの金利   住宅ローン借り換えアロー1借り換えの目的と金利上昇のリスク   住宅ローン借り換えアロー1住宅ローンの金利上昇の兆し  
住宅ローン借り換えのコツ

高速バス検索・予約