TOP >  住宅ローンの借り換え比較

住宅ローン借り換えの比較の基準

住宅ローン借り換えの比較の基準
 ・住宅ローン残金が600万以上ある人で、金利が借換え前と比べ1.0%以下のも
  のを選ぶ
 ・事務手数料、印紙代、保証料などの借換え諸費用も 借入額と計算して考える
 ・「期間短縮型」繰上げ返済時の事務手数料 を考慮します
 ・総支払額(借入額+利息)を比較する


このところ住宅ローンの金利は、景気回復と共に上昇の兆しを見せています。
しかしながら、過去の金利と比べれば、今でも低い水準にあるのは確かだと思います。このため、この機会に住宅ローンの借り換えを検討してみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

借り換えは、前のローンを精算して新たにローンを組むのと同じなのです。抵当権設定登記などの諸費用が掛かりますので、ローン借り換えには十分なチェックが必要です。

多くの人が金利だけを比較してしまいますが、それだけで住宅ローン借り換え比較の判断をしてはいけません。
住宅ローン借り換えの際にかかる費用は借入先によって違うのですから、住宅ローン借り換え比較は、当初にかかる費用と総返済額を合計して考えなければいけません。

借り換えの目的をはっきりさせて、現状のままの場合と、借り換えたばあいを実際に計算し比較してみることも大切です。

関連エントリー

住宅ローン借り換えアロー1借り換えで得をするには   住宅ローン借り換えアロー1住宅ローン借り換えの比較の基準   住宅ローン借り換えアロー1住宅ローンを借り換える際の注意点  
住宅ローン借り換えのコツ

高速バス検索・予約