TOP >  住宅ローンの金利の種類

住宅ローンの金利の種類

住宅ローンとは、住宅を購入するための資金を借りるローンですが、住宅ローンを組んだ人が万一死亡した場合は、残りのローンを支払ってくれる団体生命信用保険が用意されています。
住宅ローンは購入する土地と家屋を担保にしてローンを組みますが、通常は物件価格の80%まで資金を借りることが出来ます。

さて、住宅ローンといっても実に様々な種類の住宅ローンがありますが、大きくは公的融資と民間融資に分けられます。
住宅金融公庫に代表される公的融資では、物件や利用者による制限はありますが、金利も低く有利な条件となっています。民間融資は、物件に対する規制や利用者の収入基準が公的融資よりも緩やかで、利用しやすくなっています。


住宅ローンの金利の種類は以下のようにいくつかあります。

・全期間に渡り金利が変らない固定金利
・一定期間ごとに金利が見直される変動金利
・当初数年間とそれ以降で適用金利が変る段階金利
・当初の一定期間だけ金利が固定される固定金利選択型変動金利

住宅ローンの返済方法は、毎回の返済額が一定になる「元利均等返済」が一般的です。土地が値上がりしている時代は住宅ローンは、どのように組んでも特に問題はありませんでした。
住宅ローンの設計に失敗しても、終身雇用と経済成長に支えられた昇給とインフレ、土地の値上がりがカバーしてくれたのです。しかしながら、土地神話、インフレ神話、昇給神話が崩壊した現在では、しっかりとした返済計画を立て無理のない住宅ローンを組むことが大切です。

関連エントリー

住宅ローン借り換えアロー1住宅ローンの金利の種類  
住宅ローン借り換えのコツ

高速バス検索・予約