TOP >  住宅ローンの借り換え比較

借り換えで得をするには

住宅ローンの借り換えは、住宅ローンの借入額が大きいため、金利上昇のリスクに対処する方法として、保証料、手数料が掛かりますが、それを払ったとしても利息の軽減効果が期待できます。
しかし、本当に住宅ローンの借り換えで得ができるのでしょうか?

実際、住宅物件をご購入し、住宅ローンを組んだ上で、更に教育費となれば、なかなかローン返済のヤリクリは厳しいところです。
住宅ローンを組んだ当初と、現在とでは身の回りの状況や環境が変わってしまい、思うようにやりくりができなくなったという事は、珍しくありません。
しかも、金利は、ゼロ金利政策解除で今後、金利が上昇気配です。いざなぎ景気を超えたといわれても、その恩恵は個人ではなく、大企業のみでは、住宅ローンを抱えている庶民はどうしたら良いのでしょう?

住宅ローンとは、建て売り住宅やマンションなどの購入、宅地の取得、住宅の建設、あるいは住宅の改築などを目的として、銀行や住宅金融会社などが行う長期の資金貸付のことです。
この住宅ローンの借り換えで得をするには、現在のローンを組んだときと同様、保証料、事務取扱い手数料、司法書士への報酬、団体生命保険料や火災保険料などの諸費用がかかり、総額で60万~80万円程度かかりますので、諸費用の金額以上に、利息の軽減効果があることが前提になります。
住宅ローン借り換えの目安としては、
1.住宅ローンローンの残高が1,000万円以上である
2.借り換え前後の住宅ローンの金利差が1%以上
3.住宅ローン返済の残りの期間が10年以上あるもの

住宅ローンの借り換えの基準は、以上の条件を参考にしてこれらがクリアしていれば、ほとんどのケースで得になるでしょう。

新たに住宅ローンの借り換えるには住宅ローン借り換えの比較の基準住宅ローンを借り換える際の注意点を参考にしてください。

関連エントリー

住宅ローン借り換えアロー1借り換えで得をするには   住宅ローン借り換えアロー1住宅ローン借り換えの比較の基準   住宅ローン借り換えアロー1住宅ローンを借り換える際の注意点  
住宅ローン借り換えのコツ

高速バス検索・予約